English
ホーム会社概要業務内容ダウンロードセンタよく寄せられる質問連絡先ネットホーム地図

    ファーストトラック

商標登録サービス
現在の場所 : ホーム >> 業務内容 >> 商標登録サービス
 
アルゼンチンの商標登録の手続と費用

アルゼンチンの商標登録の手続と費用
1. アルゼンチンの商標登録料金
 
手続
料金(USD)
 
商標調査
 
1区分目
200
 
2区分目以降、区分一つ増す毎に
200

(1) 調査依頼は強制的ではありません。
(2) 商標調査の範囲はアルゼンチン特許庁のデータベースの限りです。
(3) 類似商標の有無を教え、商標登録の可能性の可否を判断し、アドバイスをくれます。商標調査約15日かかります。


 
願書作成
 
1区分目
910
 
2区分目以降、区分一つ増す毎に
910

(1) 上記の料金は手数料と特許庁に支払う費用を含んでいます。
(2) 上記の料金は区分毎に指定商品/指定役務20個までの基本料金です。指定商品/指定役務が21個以上になると、一個毎にUSD10追加します。


登録証受領
 
1区分目
200
 
2区分目以降、区分一つ増す毎に
200
 
備考:
(1) 御社の商標登録が拒絶/却下されば、不服審判請求の料金は別途で、ご相談いただきます。
(2) 上記の料金は郵送費含んでいません。

2. 上記の料金は郵送費含んでいません。
 

例一:商標一つ区分一つ
御社が、「nBEAUTY」という商標を第25類(洋服や着物靴、ベルト等)に登録するつもりで、弊社にご依頼いただい場合にかかる料金は下記のようです:
商標調査:USD 200
願書作成: USD 910
登録証受領: USD 200
合計: USD1,310

例二:商標一つ区分二つ
御社が、「nBEAUTY」という商標を第25類(洋服や着物靴、ベルト等)と第26類(リボン・テープ・ボタン・髪飾り・造花・つけひげ等)に登録するつもりで、弊社にご依頼いただい場合にかかる料金は下記のようです:
商標調査:200 + 200 = USD400
願書作成: 910 + 910 = USD1,820
登録証受領: 200 + 200 = USD 400
合計: USD2,620

例三:商標二つ区分一つ
御社が、「nBEAUTY」と「nNICY」という二つの商標を第25類(洋服や着物靴、ベルト等)に登録するつもりで、弊社にご依頼いただい場合にかかる料金は下記のようです:
商標調査:200 + 200 = USD400
願書作成: 910 + 910 = USD1,820
登録証受領: 200 + 200 = USD400
合計: USD 2,620

備考:
上記の三つの例は出願が拒絶/却下されない場合の仮定です。不服審判請求 の料金は別途で、ご相談ください。例の料金は郵送費含んでいません。

しかも、上記の料金は区分毎に指定商品/指定役務20個までの基本料金です。指定商品/指定役務が21個以上になると、一個毎にUSD10追加します。



3. アルゼンチンの商標登録出願の書類
 
(1) 出願人サインした委任状、公証とアルゼンチン領事館で領事認証も必要です。
(2) 商標出願の願書(弊社提出)。
(3) 登録する商標の文字/画像(jpgファイル)。
(4) 優先権証明書(優先権を使えば、料金を別途で追加します。)

4. アルゼンチンの商標登録の流れ
 
(1) 弊社の商標登録願書をメールあるいはファクスでお送りなります。弊社は出願人の商標と区分数の希望などを了解し、お見積書を作成いたします。
(2) お見積書をご同意いただき、正式なご依頼になります。
(3) 商標調査の依頼がある場合、弊社は類似商標の登録記録を調査します。記録なければ、出願人が確認をいただき、商標登録の手続を進みます。
(4) 商標調査の依頼がない場合又は商標調査完了、弊社は願書を作成し、アルゼンチンの特許庁に提出します。
(5) アルゼンチンの特許庁は審査します。
(6) 拒絶/却下されない場合は、アルゼンチンの特許庁の商標公報に三ヶ月掲載します。
(7) 第三者の登録異議申立ない場合は、弊社はアルゼンチンの特許庁に登録証を受領し、資料と内容を再びご確認いたします。登録証をお送りいたします。

5. 香港の商標登録のかかる時間
 

願書を提出から登録証を受領までは12〜14ヶ月かかります。



6. お支払い方法と期限
 

弊社は手続の勘定書を一つずお送りいたします。
ご入金いただてから、手続きを進みます。

支払い方法:小切手、現金、ペイパル( PayPal )、電信送金。



7. 返金について
 

手続きが始めれば、返金できません。ご理解いただきます。

例えば:商標調査の結果は類似商標の登録記録があれば、拒絶/却下される可能性が高くて、商標登録をやめることになると、商標調査の料金は返金できません。商標登録が提出してから、特許庁に拒絶/却下される又は第三者の登録異議申立があれば、願書作成の料金も返金できません。

もし、最初から三つの手続の料金を全てご入金になり、商標調査をしてから登録をやめることになったら、願書作成と登録証受領の料金が返金できます。



暫く知らせがありません